21日 11月 2017
意味もわからないのに気になってしまう言葉、無駄に声に出してみたくなってしまう言葉、というものが、みなさんにはないだろうか。 私には、時々ある。 ナスダック、ソルベンシーマージン比率、エポーレット… 意味を知ってしまったその後もなんとなくお気に入りのままの語感。 実は最近もあった。 IN言語 いんげんご なんだかとても、いい。...
19日 11月 2017
言葉は、肉体を通し声として発せられ、音となり、耳へ届く。 ポエトリーリーディングの醍醐味。 目で読むテキストとしてではなく、音として耳で聴き、またそれを発している人間の表情、動作を目で見る事もできる、 いわば「ライブである」ということ。 じゃあそこに、違う音色、違う表情がさらに加ったら?...
18日 11月 2017
誰が言い出したのか、ちょっと記憶にない。  その時のことだったのかも、曖昧だ。  しかも「その時」みたいなことは1度目じゃなく、もう3度目だったし。  *  2002年11月、名古屋市昭和区八事ポップコーンで  オープンマイク「詩のあるくちびる」がスタート  2016年9月11日 日曜 午後3時  早々に酔っ払って俺は西東京の街を見てる...
07日 11月 2017
尾張名古屋は城で保つ。 終わりなければ人集う。 15年前、あなたは何をしていただろうか。 おそらく「何も今と変わらないよ」という人は少ないのではないだろうか。 おぎゃあと産まれた赤ん坊が 高校にあがろうかという歳になるまで。 そんな長きに渡り、バトンが渡され 脈々と年輪を刻んできたオープンマイクイベントが 名古屋にある。 「詩のあるからだ」...
FRESH! 配信 · 31日 10月 2017
なにやら台風ばかりのこの秋、 言葉の台風もまた、今週末やってくる。 そう、今週末はポエトリー・スラム・ジャパンの全国大会が開催される。 http://poetryslamjapan.com/ 日本最大規模の、言葉の表現の大会。 今回も予選からトータル100名超の出場者がエントリーし 11/4(土)に開催される全国大会で日本代表に選ばれたたった一人が、...
20日 10月 2017
ライブレポート『謡(うたげ)其の三十七』 10月16日(月)19〜22時半 喫茶SMILE@渋谷  茶をしばくか  酒をのむかタバコをのむか  それだけで笑みがこぼれる  まるで、そんな幸福の生き物 つめたい雨の中、渋谷センター街を通って神南小学校の方へ坂を上がってゆく。 こじゃれた裏路地の中腹にある喫茶SMILE。...
20日 10月 2017
前回ご紹介した 「tamatogi 2017 〜秋の詩のオープンマイク祭り〜」と同日、 お昼から渋谷で開催される、 ジャンルレスかつカオスな イベントがある。 「胎動 6周年 特別企画 & Opeik 「Blue Apple」Release Party」 元々ハードコア出身の 胎動LABELオーナーikomaは ご存知、我らがUPJ5の代表のひとり。 胎動LABEL主催のイベントは 何種類かあるが 最近は「Poetry Lab0.」など...
18日 10月 2017
人生は、望む望まざるに関わらず 常に選択の連続である。 答案用紙に記入するAとB ビアンカとフローラ 別れた恋人のメールアドレス、消す、消さない。 頭を悩ませ、意識して決断するような明確なものばかりではない。 ありふれた日常にも、選択は散りばめられている。 乗り換え案内、時間を取るか乗換回数を取るか。...
14日 10月 2017
「ポエトリーって、ハマる人はどっぷりハマるよね」 筆者も現場で何度となく聞いた言葉。 まさにその通り。 しかも意外な人ほど、というのが ここ数年この界隈をうろうろした印象である。 そんな、あるある〜!なハマりっぷりから 全然あるあるじゃない、 自分は詩を書かないけど 自分でポエトリーのイベントを始めちゃった...
14日 10月 2017
UPJ5より「after THAT」企画スタートのお知らせ 先週末、大盛況の中幕を閉じたウエノ・ポエトリカン・ジャム5、 まだその熱も冷めやらぬ本日より 「after THAT byUPJ5」プロジェクトをスタート致します。 「after THAT 」とは 日々、さまざまな場所で開催されている ポエトリー、朗読、ラップ、短歌、等 「言葉の表現」に関係するイベントを、 FRESH! における番組配信や、...

さらに表示する