FRESH! 配信 · 16日 12月 2017
UPJ5開催から早2カ月が経ち 2017年も残るところあと2週間… 今年ラストの「afterTHAT byUPJ5」FRESH!配信のお知らせです!
09日 12月 2017
PSJ東京大会で初めて会って、喫煙所で喋りかけてくれた印象的な男の子がいた。 それが中野皓作で、普段演劇をやっている(だけじゃなくジャンベを叩いたり絵を描いたり、多才)彼はポエトリーリーディング界隈にも居つくことにしたのか、編集三木はそれからよく遭遇するようになった。...
27日 11月 2017
編集三木はこのUPJ5afterTHATを稼働し始めてから、遠方の、普段簡単には会えない友人と連絡を取る機会が非常に増えた。 UPJ5開催も終わり、それらを楽しかったねーなどと語り合いながら「これから」の話をするのは、さらに楽しいこと。 今回イベント紹介をしてくれるタムラアスカもそうやって連絡をくれた。...
25日 11月 2017
ライブレポート 「TQJ Poetry Reading Live」
25日 11月 2017
詩人は基本的に変人ばかりだ、と私は思っている。概ね一般的にもそう思われているだろう。 突き抜けている人というのはどういった集団にも必ずいるもので、筆者はその突き抜けた変人、かつ才能・経験豊かな大先輩に話を聞きに行ってきた。...
24日 11月 2017
旅行サイトではないので、別に週末プチ旅行のすすめを書きたいわけではないのだが 取り急ぎ、今夜、おすすめしたいオープンマイクイベントがある。 開催場所は長野市。 遠いよ、無理だよ、と思うことなかれ。 意外と近いよ長野。 例えば東京にお住まいのあなた。...
21日 11月 2017
意味もわからないのに気になってしまう言葉、無駄に声に出してみたくなってしまう言葉、というものが、みなさんにはないだろうか。 私には、時々ある。 ナスダック、ソルベンシーマージン比率、エポーレット… 意味を知ってしまったその後もなんとなくお気に入りのままの語感。 実は最近もあった。 IN言語 いんげんご なんだかとても、いい。...
19日 11月 2017
言葉は、肉体を通し声として発せられ、音となり、耳へ届く。 ポエトリーリーディングの醍醐味。 目で読むテキストとしてではなく、音として耳で聴き、またそれを発している人間の表情、動作を目で見る事もできる、 いわば「ライブである」ということ。 じゃあそこに、違う音色、違う表情がさらに加ったら?...
18日 11月 2017
誰が言い出したのか、ちょっと記憶にない。  その時のことだったのかも、曖昧だ。  しかも「その時」みたいなことは1度目じゃなく、もう3度目だったし。  *  2002年11月、名古屋市昭和区八事ポップコーンで  オープンマイク「詩のあるくちびる」がスタート  2016年9月11日 日曜 午後3時  早々に酔っ払って俺は西東京の街を見てる...
07日 11月 2017
尾張名古屋は城で保つ。 終わりなければ人集う。 15年前、あなたは何をしていただろうか。 おそらく「何も今と変わらないよ」という人は少ないのではないだろうか。 おぎゃあと産まれた赤ん坊が 高校にあがろうかという歳になるまで。 そんな長きに渡り、バトンが渡され 脈々と年輪を刻んできたオープンマイクイベントが 名古屋にある。 「詩のあるからだ」...

さらに表示する