イベント紹介 11/11(土) 詩のあるからだ 15周年イベント「元服」 (名古屋)


尾張名古屋は城で保つ。
終わりなければ人集う。



15年前、あなたは何をしていただろうか。
おそらく「何も今と変わらないよ」という人は少ないのではないだろうか。
おぎゃあと産まれた赤ん坊が
高校にあがろうかという歳になるまで。

そんな長きに渡り、バトンが渡され
脈々と年輪を刻んできたオープンマイクイベントが
名古屋にある。
「詩のあるからだ」
今回はその15周年記念イベント「元服」
ご紹介。

詩のあるからだ15周年イベント「元服」

2017.11.11(土) Open/Start 13:30/14:00
チャージ1500円(2ドリンク付)

出演
青流星ゆうこ
江藤莅夏
自縛ポエトリー/うい
鈴木陽一レモン
葉月之寛
三木悠莉
三原千尋
若原光彦(五十音順)

2002年、葉月之寛氏によって開始された「オープンマイク 詩のあるくちびる」。それから主催の代替わりを重ね、「詩のあるからだ」とタイトルを変えながら声と言葉と表現を愛する人たちに支えられ、この11月で15周年を迎えます。
これまでどうもありがとう、これからもよろしくお願いしますの気持ちを込めて記念ライブを開催いたします。もちろんオープンマイクもあり。ふるってご応募ください!

オープンマイク事前エントリー受
ame_to_taiyo@yahoo.co.jp (三原)
またはFacebookイベントページ
のコメントでも承っております!

カフェバーポップコーン 
名古屋市昭和区広路町石坂38-2


このイベントは主催者が何度か代替わりし引き継がれてきたもの。
現在の主催者である三原千尋に一言インタビュー!


ー主催者の自己紹介どうぞ!

三原千尋です。2009年から朗読開始。
好きなのど飴ははちみつカリンのど飴。


ーこのイベントをはじめたきっかけは?

5年前成り行きで主催を引き継ぐことになりました。
自分が朗読を始めたきっかけでもあるイベントなので、
恩返しができればと引き受けました。
イベント自体は2002年、葉月之寛さんが立ち上げたもので、
代替わりを続けて私三原で5代目です。


ーこのイベント、ここが他と違うよ!ここが面白いよ!特徴など。

参加人数が多くなく、いい意味で身内ノリ。
初めましての方も田舎にホームステイに来た若者をもてなすかのようにチヤホヤします。
ので皆さん来てくださいお願いします。


ー今までイベントで起きた珍事件なにかある?

私は目撃していないのですが、
当時の主催の方の時に地方巡業中の歌手の方(ライブ枠という訳ではない)
30分おやりになった事があったそうです。
本来の持ち時間は6分なのですが、あくまで目安という事で止めはしなかったという寛容さが仇になった(?)ケースですね。
私は気が短いので止めますが。


ー次回開催(11/11の次)はいつですか?

12/13(水)20時~。毎月第二水曜日、欠かさずやってます。


ーありがとうございました!
   それでは最後に、今後UPJに期待すること、
   なにかあればお願いします!

末永く続けて欲しいです。
あれだけの規模のお祭りとなると労力も並大抵ではないでしょうが
微力ながら精一杯応援させていただきます。


〜〜〜〜〜

冒頭の問いに、自らの15年前を振り返る。
…赤面してしまった。

子細を如実に思い出せる程ではないが
あんな事もあったっけ、なかったっけ?
ちょうどそんな年月が「15年」なのだろう。

新たな年輪が刻まれる瞬間を
名古屋の地で共に祝おう。
終わらないから集えた、仲間たちと。