イベント紹介 10/22 「胎動 6周年 特別企画 & Opeik 「Blue Apple」Release Party」


前回ご紹介した
お昼から渋谷で開催される、
ジャンルレスかつカオスな
イベントがある。

「胎動 6周年 特別企画 Opeik 「Blue Apple」Release Party」

元々ハードコア出身の
胎動LABELオーナーikomaは
ご存知、我らがUPJ5の代表のひとり。
胎動LABEL主催のイベントは
何種類かあるが
最近は「Poetry Lab0.」など
ポエトリーリーディングや短歌など
より文学エッセンスの強い表現形態に
特化したイベントも開催している。


今回はイベントの6周年記念。
出演者は
バンド、ラッパー、DJ、弾き語り、
ポエトリーリーディング、果てはお笑いライブまで
なんでもありの豪華さ、
しかも、レーベル所属アーティストOpeik
音源リリースパーティーも兼ねていると言うのだから
華やかな一日になる事間違いなし。


■10月22日(日)胎動 6周年 特別企画 
Opeik 「Blue Apple」Release Party


OPEN 12:00 / START 13:00
Adv ¥2.000+1D / Door ¥2.500+1D

【胎動LABEL】
■Opeik
■RIN a.k.a 貫井りらん
■Anti-Trench
■Fcrow(ふくろー)

【BAND】
■BROKEN LIFE
■falls from the skies 
■LUST 
■BROKEN MANS HEAD FAMILY
 
【アイドル】
■LOCK ON LAUGH

【HIPHOP】
■Co.慶応
■高円寺WALKAH 
■Who K
■Useless man Rhym's(R-type & m.a.d.a)
■CODE X ENOUGH 
■ootee
■ULTRA YAKARATIC MC's 
■K-真
■バツマル

【Special Debut Live】
■Who K

【POETRY】
■三木悠莉 
■浅葉爽香


【弾き語り】
■丸山×yae×阿部
 
【BASS MUSIC】
■KISADORI
■PSYBASSCAT
 
【DJ】
■K.T.R

【VJ】
■eicateve
■ASTERIX!

【FOOD】
■AIM.

【HOST MC】
■ガチャ山口(バラクーダ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

【1F BARSPACE】
【DJ】
■Sorabeats
■OTO(SOUNDER)
■DJはにわ
■ソータ(HappyLuckyBoys™️ /ロクスソルス)
■FYO
■IYOchang
■りつかMonelight
■Cuzys

【BOOTH】
■YOKOHAMAN

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2F BARSPACE】 
今回実験的に取り入れる形式!!
5組のオーガナイザーからなる2F BARSPACE!!
1階と行き来してパーティーを楽しんで下さい☆

【YOKOHAMAN】(歌&朗読)
■美央
■長谷川結香

【TETRIS】(DJ)
■かーどきゃぷたー花屋ちゃん
■天の河ちゃるん
■てんつる
 
【胎動×バラクーダ】(お笑い)
■スーパーメロディ
■台風クラブ
■ソロデビュー's
■スモウレストラン
■ぎったんばっこん
■アダムダン
■アブガルシア
■リンダカラー

【FUNKOT DJs】(DJ)
■WAKU
■kazuyaP & Aki
■DEATH STAR(デス山 & りゅっぱち)

【STAND UP PROJECT】(Hiphop)
■ウメタツ
■MC HOPELESS
■チカチーロ
■音猿


各フロア、カラーの違う出演者を配した
多面的なイベント設計となっていて
一日飽きずに楽しめる配慮が嬉しい。


それでは、胎動主催、同レーベルオーナーikoma一言インタビュー!
・自己紹介どうぞ!

ikomaって言います!

ハードコアバンドBROKEN LIFE、DOWN 4 REALIZEでボーカルを担当。

音楽レーベル「胎動LABEL」と、
ジャンルの壁を壊すイベント「胎動」、

そしてポエトリー関係では「Poetry Lab0.」と「ウエノ・ポエトリカン・ジャム5」の運営に携わりました。

ねこが好きと見せかけて、いぬ派っ

     

・このイベントを、はじめたきっかけ

自分の元々いた音楽ジャンルのシーンがあって、
毎週同じラインナップのイベントで何年もずっと遊びに行っててだんだん退屈だったり予定調和になっていったのと、
そこには好きな人ももちろんいたけど、
一方でしがらみもあったり何をやっても上に行けないようなよくわかんないヒエラルキーがあったり、疑問を感じてしまって、、

その音楽がずっと好きだったんだけど、どんどん共感できなくなっていって、
これならジャンルが違っても同じ考えや一緒にいて楽しい人と何かやった方が建設的でいいのでは?!と思って、
ジャンルの壁を壊すイベント「胎動」を始めました。

ポエトリーの人からしたら、何でこの人ポエトリーのイベントやってるの?って感じだと思うんですけど、胎動の活動の一環なんです。
特にポエトリーは、最初に足を運んでから、もう10年くらいで、胎動としても、とても長い付き合いなんですよね!


・このイベントの特徴、他のイベントとここが違う!というところ

胎動は「ジャンルの壁を越える」をテーマにして開催してます!

ハードコアとHIPHOPから始まって、ロック、パンク、メタル、レゲエ、
ヒューマンビートボックス、ダンス、V系、アイドル、弾き語り、劇団、映像、
ART、空間演出エアギター、ポエトリー~最近は短歌まで。

とりあえず、とことんジャンルレス!


・今までイベントで起きた珍事件

vol.2で既にHIKAKINが出てる時点で、カオスだなと(笑)


・特にどんなお客様にきてほしい?

もちろん来るもの拒まず!
自分たちががんばって開催してるイベントに足を運んでくれる人は誰でも嬉しいです!

ですが、一番はくすぶってる人に来て欲しいのはあるかも。
自由に生きてる人たちを見て、こんなに自由にやってもいいんだって思って
元気になってくれる人多い気がします。

きっかけにも書いたけど、アーティストでもお客さんでも、
たぶん様々な事情でくすぶってる人は各シーンや社会にもいて、
そういう人こそエネルギー持ってる気がするんですよね!

あと僕は演者もお客さんもまだまだ仲間を探しています。
いつでも気軽に連絡ください☆
 

・次回開催は?

10月22日(日)@渋谷Club ASIA
Opeik 「Blue Apple」Realease Party!!

胎動LABEL アーティストOpeikのリリパです!!


あと11月23日 文学フリマ東京にて、
胎動短歌会pre.「胎動短歌Colletive」という合同歌集を発売予定です!


・イベント6周年ということで、この6年で関わったお客様やアーティストに一言どうぞ!


ここまで来れたのは本当にみんなのおかげです、ありがとうございます。。

今立てる1つ1つのステージは、バンド始めてから、今に至るまで出会った人たちや出来事の積み重ねによるものだと思っています。

でも今後もみんなでがんがん行きましょ?!


・今回はOpeik さんのリリースパーティーも兼ねているとのこと。レーベルオーナーから見たOpeikさんの魅力とは?

Opeikは、曲もライブも、本当に独特。
たぶん他にいないと思います。

胎動LABELは色々な要素があるけど、
Opeikはクールであり強いエネルギーがあって、こういうタイプの人はなかなかいないので
胎動として様々なものを発信したいという気持ちにぴったりでした。

高揚感はあるけど、決して明るい曲調ではないのも良かった。 

その反面で優しくてすごくいい奴なんですよね(笑)
みんな彼が好きです(笑)

あと普段Opeikのライブ活動はCLUBがメインだし、ガチガチのHIPHOPアーティストだけど、
意外と胎動LABEL所属する前からポエトリーシーンと交流があったり、本人も好きみたいなんですよね!

今回のアルバム表題曲「Blue Apple」もポエトリースタイルを取り入れていたのには僕も周囲も驚かされましたが、
本人曰く「一番リリックが伝わるのを考えた時、これしかなかった」と言っていて、
ここ一番でそれを持ってきたところには、グッと来ました。


あとイケメンだけど、それをあんまり活かせてないところも好きです(笑)



・ありがとうございました。
それでは最後に、UPJに今後期待すること。

より多くの人に詩や朗読に触れてもらうこと。
逆に普段詩や朗読に触れている人に他の周辺文化に触れてもらう機会になれば、、。

運営として関わってる以上は、責任も感じているし、色々考えた上でやらなくてはと思っています。

あとシンプルに「俺たちのやってることって最高だよね!」って、外で、大きな会場で、みんなで再確認できる日になったらいいなぁ。



〜〜〜
2回にわたりお送りした
10/22(日)の気になる2イベント紹介。
afterTHAT的 ハシゴ推奨DAY10/22は
Opeikの新MV「Blue Apple」 でもチェックしながら
秋の嵐を吹き飛ばすあゆみで
颯爽と街を渡ろう。

あらためて、ikoma、Opeik、おめでとう!!!


以上、少々風邪っぴき、
afterTHATbyUPJ5 三木でした。
(みんなも気をつけて!)

…と、
今夜は豪華二本立て!!

以前ご紹介した「謡〜其の三十七〜」のレポートも、のちほどお届けします。
記者は出演者より、遠藤ヒツジが担当!
お楽しみに!