イベント紹介「謡〜其の三十七」

「ポエトリーって、ハマる人はどっぷりハマるよね」
筆者も現場で何度となく聞いた言葉。
まさにその通り。
しかも意外な人ほど、というのが
ここ数年この界隈をうろうろした印象である。

そんな、あるある〜!なハマりっぷりから
全然あるあるじゃない、
自分は詩を書かないけど
自分でポエトリーのイベントを始めちゃった
そんな変わったお人、その名はかずちゃん(冒頭のお写真)。
なぜ不穏なものを手にしているかは後ほど…

筆者とかずちゃんの出会いは数年前、
とある地下アイドルのライブ現場での事。
派手なレギンスを履きニコニコしている彼が
まさかその後ポエトリー現場でしょっちゅう会う間柄になり
彼のイベントに詩人としてブッキングされるようになるとは
まるで思ってもいなかったのである。



 
前回ちょうど出演者として呼ばれた際に
撮った写真。
この日は筆者(三木)以外弾き語り、という回。
ライブ中、カモメのジョナサンに
動いているバイブを持たされるかずちゃんは非常に楽しそうでした。

以下かずちゃんへのインタビュー!


*自己紹介よろしく!
 40代後半のLIVE好き(ジャンル問わず)のおっさんです。

*イベントを、はじめたきっかけ
 LIVE観に行き過ぎて、自分でもやってみたいと思った

*自分のイベントの変わってるところ、特徴
 面白い!カッコ良い!と思ったらジャンル関係なくオファーして開催するところかなぁ

*今までイベントで起きた珍事件なにかあれば。
 アクシデント的なものはないかな。
 全裸ボーカルのバンドが出演したり、
 自分が白塗りにされたりとかありましたが(^_^;)

*どんなお客様にきてほしいですか?
 好奇心旺盛な人

*開催はいつ?
 毎月第三月曜日に渋谷にある喫茶SMILEというライブバーで『謡(うたげ)』というジャンルレスのイベントを開催しています。
 その他年3〜4回、ライブハウスでイベントを開催しています。

*最後に、UPJに今後期待すること。
 言葉のお祭りとして、不定期でも良いので継続して開催して欲しいです。



弾き語り、詩人、という枠組みはあれど
そこをごちゃまぜにやってきたかずちゃんの「謡」
それがなんと次回はポエトリー縛りで
オープンマイクまであるそうな。

〜〜〜

『謡(うたげ)〜其の三十七』
十月十六日(月)

大島健夫 with 内藤重人
遠藤ヒツジ
死紺亭柳竹

※なお、この日初の試みとして
オープンマイクを開催致します!
(お一人5分)

 19:00/19:30
¥1000+D


フードもとても美味しいし(唐揚げ大人気)
大きな窓をバックにしたステージと
雰囲気も素敵な会場です。
ぜひ足を運んでみてください!

〜〜〜〜〜〜

とまあ、こんな感じで
都内外問わず、様々な言葉のイベントを
ゆるく紹介していくこの after THAT ブログ。

今度行くあのイベントのこと、
書いてみたいなー!という
そこのあなた。
俺のイベントを取り上げてよ!という
そこのあなた。

afterTHAT を楽しんで協力してくださる
記者さまと
イベントを
UPJ5は常時募集しております!!
詳しくは 2017upj5@gmail.com もしくは
お問い合わせフォームよりご連絡ください!

以上、今回の担当、三木悠莉でした!