出演者プロフィール


谷川俊太郎 Shuntaro Tanikawa 

 

詩人。1931年東京生まれ。 

1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年『月火水木金土日の歌』で第四回日本レコード大賞作詞賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。近年では、詩を釣るiPhoneアプリ『谷川』や、郵便で詩を送る『ポエメール』など、詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。

 

公式ウェブサイト「俊太郎.com」 


いとうせいこう is the poet

 

1961年生まれ、東京都出身。

1988年に小説「ノーライフ・キング」でデビュー。

1999年、「ボタニカル・ライフ」で第15回講談社エッセイ賞受賞、「想像ラジオ」で第35回野間文芸新人賞受賞。

 

みうらじゅんとは共作『見仏記』で新たな仏像の鑑賞を発信し、武道館を超満員にするほどの大人気イベント『ザ・スライドショー』をプロデュースする。    

音楽活動においては日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、日本語ラップの先駆者の一人である。現在は、ロロロ(クチロロ)、レキシ、DUBFORCEで活動。


第3弾ゲスト発表!

和合亮一 Ryoichi Wago

 

詩人。第4回中原中也賞、第47回晩翠賞などを受賞。

2011年、東日本大震災直後の福島からTwitterで連作詩『詩の礫』を発表し続け、同年5月、世界三大コンサートホールであるオランダのコンセルヘボウに招致、朗読にて福島の想いを発信するなど、国内外から注目を集める。詩集やエッセイ集、絵本など多数刊行、特に震災後の著作は二十冊を超え、これらはフランス、ドイツ、ブラジルなど世界各国で翻訳、出版された。毎日新聞、産経新聞、共同通信、河北新報など各紙や雑誌などにてエッセイ、時評などを連載(現在10本)。国語や音楽の教科書・準教科書に、作品が掲載。詩集「詩の礫」がフランスにて翻訳・出版され、第一回ニュンク・レビュー・ポエトリー賞を受賞。フランスでの詩集賞の受賞は日本文壇史上初となり、国内外で大きな話題を集めた。ラジオ福島、KBS京都、HBC北海道放送などで「詩人のラヂオ」のパーソナリティを長年に渡り担当中。ヨーロッパやアジアの数々のフェスティバルに日本を代表する詩人として招待。全力朗読パフォーマンスについて各国にて「サムライリーディング」と呼ばれる。


猫道+タダフジカ

Nekomichi + Tadafujika

 

声と言葉のライブパフォーマー「猫道」と、

シンガーソングライター「タダフジカ」のデュオ。

 

パンク・メロコアから始まりレゲエシーンでも活動してきたタダフジカのギターに、ポエトリー・ラップ・一人芝居の要素を併せ持つ猫道のボイスが加わるミクスチャースタイルで活動中。


東直子  Naoko Higashi

 

歌人、作家。

‘96年第7回歌壇賞、’06年『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞。歌集『十階』、小説『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『薬屋のタバサ』『いつか来た町』、エッセイ集『千年ごはん』『鼓動のうた』『七つ空、二つ水』、評論集『短歌の不思議』、穂村弘との共著に『回転ドアは、順番に』、絵本『あめ ぽぽぽ』(絵・木内達朗)等、著書多数。「東京新聞」「NHK短歌」等の選者。


GOMESS

 

1994年9月4日、静岡県出身。

第2回高校生ラップ選手権準優勝を機に自閉症と共に生きるラッパーとして注目を集め、自身の生き様を歌った楽曲「人間失格」、「LIFE」は表現者として各所で評価される。

また中原中也の詩「盲目の秋」を朗読カバーし中原中也記念館で展示されるなどポエトリーリーディングでも才能を発揮する。民謡を唄う朝倉さやとのコラボ楽「RiverBoatSong」を収録したアルバム「River Boat Song-FutureTrax-」は第57回日本レコード大賞企画賞を受賞し、2018年にはAqua

Timezのアルバムにゲストボーカルとして参加するなど、ジャンルを超えた数多くの表現者との交流/共演を多くこなし、GOMESSは既存にない新しい表現スタイルを確立し始めている。


北大路翼  Tsubasa Kitaoji

 

新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」家元。

アートサロン「砂の城」城主。

句集『天使の涎』『時の瘡蓋』、編著『アウトロー俳句』。


photo by 森野千聖

文月悠光 Yumi Fuduki

 

詩人。1991年生まれ。

16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年の時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少で受賞。詩集に『屋根よりも深々と』(思潮社)、『わたしたちの猫』(ナナロク社)。近年は、エッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)が若い世代を中心に話題に。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞など広く活動中。


photo by Kato Kazuya

小林大吾 Daigo Kobayashi

 

詩人、グラフィックデザイナー。

これまでに4枚のアルバムをリリース、すべてのトラックメイキングやジャケットのデザインも手がける。また自身の手になるトラックからはブラックミュージックへの色濃い愛情を感じさせる。最新作はLINEスタンプ「鶏肋印」。

 

Twitter @p_p_pinkerton

 

「小数点花手鑑」 

「ムール貝博士言行録」 

「TRINCH」

「鶏肋印」


花本武  Takeshi Hanamoto

 

1977年東京生まれ。

吉祥寺の書店ブックスルーエ勤務のかたわら

たまに詩作をする。


カワグチタケシ

 

詩人。1965年千葉県生まれ、東京都在住。  

1980年代前半より詩作を始め、各地でポエトリーリーディングを行う。1998年よりインディーズ出版社プリシラレーベルを主宰し、書籍出版、CD制作、ライブイベントを開催。詩集『都市計画/楽園』『ユニバーサル・ボードウォーク』『新しい市街地』『ultramarine』他。UPJ、UPJ2、UPJ4に出演。

 

http://kawaguchitakeshi.blogspot.com/ 


MC Mystie with DJ soul-t  

 

■MC Mystie 

13歳でHip-Hopの洗礼を受け、15歳で渡米。

本場で培った黒人音楽をルーツに幅広く活動し

本気でグラミー受賞を目指している音楽家。

◆SNS◆

Twitter

Instagram

HP

YouTube

 

■DJ soul-t

故郷の信州を拠点とする音楽レーベルSSSRecordの代表。15歳よりピアノと出会いシンセサイザー・サンプラーを駆使した音楽制作を独学ではじめる。ダンスミュージックに影響を受け、トラックメイカー、DJとしてのキャリアをスタート。そのクオリティの高さから大手企業CMを手がける傍ら高等学校校歌の編曲、プロへの楽曲提供を行う。自身のリーダーユニット”Ayer☆"やキッズホップバンド"ゆくりりっく"のプロデュース、キーボードプレイヤーとしても長年の活動経歴を持ち、マルチな才能を発揮している。


萩原朔美+carry音  

Sakumi Hagiwara + carry on

 

■萩原朔美

1946年11月14日東京生まれ。映像作家、エッセイスト。

母は小説家萩原葉子、母方の祖父は萩原朔太郎。寺山修司主宰の演劇実験室「天井桟敷」の立ち上げに参加し、1967年4月に旗揚げ公演となる『青森県のせむし男』で初舞台。その後、丸山明宏(三輪明宏)との共演作『毛皮のマリー』での美少年役が大きな話題を集める。俳優活動の後、1968年『新宿のユリシリーズ』にて演出を担当し、以降同劇団の演出家を務めるようになり、代表作に『書を捨てよ町へ出よう』『時代はサーカスの像にのって』などがある。

多摩美術大学名誉教授。2016年4月より前橋文学館館長。

 

■carry音

carry音という名前で至極ゆるく音楽活動を行う。

名前の由来は「音を運ぶ」。ギターと歌と時々フレームドラムやルーパーなどを使って演奏、北欧や寒い地域の民謡の要素も取り入れている。

 


月映TSUKUHAE

 

詩人新井隆人とミュージシャンcarry音によるユニット。

前橋を中心に、新井隆人の詩を、こえ、うた、ギターで表現する。新井隆人は前橋ポエトリーフェスティバル等を運営する芽部の代表。

 


村田活彦 a.k.a. MC長老

Katsuhiko Murata

 

1968年生まれ。ポエトリースラムジャパン代表。スポークンワード・アクティビスト。

 

1998年秋、南青山Ojas Loungeのオープンマイク「everyness」で初ポエトリーリーディング。2000年7月西荻窪「ハートランド」にて初のソロライブ。またフジロックGypsy Avalonにてリーディング。2004年、ポエトリーリーディングPV『こえ』発表。2014年4月ファーストアルバム『詩人の誕生』リリース。

2014年パリにてポエトリースラムW杯に出会い、翌2015年よりポエトリースラムジャパンを主催。2018年全国大会は11月開催予定。


松永天馬 Temma Matsunaga

 

1982年8月12日、東京生まれ。

音楽家/詩人/作家/俳優/映像作家…

職業、松永天馬。

 

”トラウマテクノポップ”バンド・アーバンギャルドのヴォーカル、コンセプターにしてリーダー。多くの歌詞を担当し、ポップかつ実験的、独特な言語世界を構築。

2017年、よりディープな詩世界、”男性”性に踏み込んだキャリア初のソロアルバム『松永天馬』をリリース。

 

自作詩を朗読して勝敗を決める「詩のボクシング」の世界チャンピオンタイトル保持者でもあり、俳優、作家、映画監督など多岐にわたって活動している。


三角みづ紀 Mizuki Misumi

 

詩人。1981年鹿児島県生まれ。

東京造形大学在学中に詩の投稿をはじめ、第42回現代詩手帖賞受賞。第1詩集『オウバアキル』にて第10回中原中也賞を受賞。第2詩集『カナシヤル』で南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。書評やエッセー執筆、詩のワークショップもおこなっている。朗読活動を精力的に続け、自身のユニットのCDを2枚発表し、スロヴェニア国際詩祭やリトアニア国際詩祭に招聘される。2014年、第5詩集『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を史上最年少受賞。2017年9月、初のエッセイ集『とりとめなく庭が』(ナナロク社)を上梓。美術館での展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。


MAKKENZ (マッケンジー)

 

2004年デビューアルバム『わたしは起爆装置なわたしか』をP-VINE RECORDSからリリース。衝撃を与え話題となった。2007年には、海外ツアーや海外国営ラジオ番組に出演するなど、国境を越えて注目を集めた。2008年以降は、自身のレーベルTRUMANRECORDSからアルバムを5枚リリース。時代性・社会性・文学性・諧謔性に富んだ作品はジャンルを問わず各方面で大きな支持を受けている。

 

MAKKENZ discography

2004年 : MAKKENZ/わたしは起爆装置なわたしか

2007年 : MAKKENZ/白くなる時刻

2008年 : MAKKENZ/ユシトアミア人間

2009年 : MAKKENZ/陸の外海の外

2010年 : MAKKENZ/EntryProbe

2011年 : MAKKENZ/私を軸にして街が回転した時に出来る回転面に私達が加わり街を軸にして私達が回転した時に出来る回転面に私が加わる

2016年 : MAKKENZ/土葬水葬火葬風葬空想


宮尾節子 Setsuko Miyao

 

高知県出身。飯能市在住。

2014年初頭にインターネット(SNS)で公開した詩「明日戦争がはじまる」の爆発的な拡散で新聞・ラジオ・テレビなどメディアに話題になる。「劇団こまつ座」・「Independent Web Journal」・「69の会」・「SYLP」「ふくしまを忘れない」等に寄稿やトークショーで出演。前橋文学館「ことばの学校」や「日曜詩人学校」等で講座。ツイッター連詩「pw連詩組」主宰。荻窪6次元・青山スパイラル・代官山UNICE・国分寺giee・渋谷club asiaほか各所で朗読・トーク・音楽家とのコラボなどに出演。第10回ラ・メール賞を受賞(1993年)。既刊詩集『かぐや姫の開封』『妖精戦争』『ドストエフスキーの青空』『恋文病』『明日戦争がはじまる』『せっちゃんの詩1・2』など。


桑原滝弥 Takiya Kuwahara

 

詩人。1971年三重生まれ。

演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。以降、「あらゆる時空を"詩"つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。

詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』(全国開催)や、言の葉Tシャツの製作などの企画も多数手掛ける。

 

海外での活動や、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に展開。

東日本大震災被災地の歌『たしかなる風 ふるさと久之浜』を作詞(作曲・谷川賢作)。

 

著書に、詩集『花火焼』、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著)ほか。

 

 「桑原滝弥・情報ブログ」 


photo by 山崎奏太郎 

Anti-Trench

 

 2016年2月結成。

慶應義塾大学卒のポエトリーリーディング・向坂くじらと、

「サマソニ」出演の経歴も持つエレキギター・熊谷勇哉によるユニット。

 

熊谷が奏でる幻想的な音の海を、向坂の「時に優雅に、時に激しい」言葉の数々が、自在に泳ぎまわる。活動当初から、その感情を揺さぶるパフォーマンスを目の当たりにし、

涙を流す者や、救われたとコメントする者、中には失神(!)する者までもが現れ、異様とも呼べる反応が続出。

 

Anti-Trench 

向坂くじら 

熊谷勇哉 

 


三木悠莉 Yuri Miki

 

2012年よりポエトリーリーディングを始める。

ウエノ・ポエトリカン・ジャム5、6 代表。

ポエトリー・スラム・ジャパン2017秋 全国優勝。

パリで開催されたポエトリースラムW杯に日本代表として出場。

同会期中開催の俳句スラム 優勝。

復活の言い出しっぺとしてUPJの仕事をもりもりやっている

逆境に強いポエトリーバカ一代。2児の母。

この愛じゃ負けないんだ。